« 〔蠍座の星座石〕Scorpius について | トップページ | 〔乙女座の星座石〕Virgo について »

〔天秤座の星座石〕Libra について

皆様、こんにちは、KEI、申します。

「天秤座の星座石」についてお話をしたいと思います。

それでは、早速ですが、お話し致します。どうぞ、宜しくお願い致します。

〔天秤座の星座石〕Libra について

・天秤座がよく見える季節=夏 七月上旬
・黄道十二宮星座の第七星座にあたる天秤宮=九月二十四日~十月二十三日
・支配星=金星
・守護神=アフロディテ(ギ)、ウェヌス(ロ)、ヴィーナス(英)
・守護色=青色
・星座石=金星を象徴するアフロディテに捧げる石(金星の象徴石)を中心に、特に青色・不透明石が選ばれています。

【天秤宮の特徴】

元素4区分 風の宮
活動3区分 活動宮
性別      男性宮
季節     秋の宮
南北     南の宮
シンボル   人間宮

※天秤座の守護星座石 について・・・・・・〔★〕は代表星座石

アズライト
ラピスラズリ〔★〕
ソーダライト
トルコ石
ブルー・カルセドニー
アマゾナイト
クリソコラ

※天秤座の守護星座石が意味するもの について

天秤座の公平な批判力を象徴します。天秤座の理知的バランス感覚を象徴。天秤座の二つの間で揺れる思いに均衡を与え守護します。天秤座の不精、怠惰を退け魂の浄化と品位保持を守護します。

【天秤座伝説】

世界が黄金時代といわれていたころは神々も人間も仲良く幸せに暮らしていました。ところが冬の季節が訪れるようになり、銀の時代に入ると、食物を手に入れるために人々は争いを始めたので神々は一人ずつ天界へと帰っていき始めました。しかし、人々は人殺しだけはしませんでしたから、正義の女神アストライアは妹の慈悲の女神と地上に残っていました。

アストライアは正義を量る天秤を持っていましたが、やがて青銅の時代、鉄の時代になると人々は武器を持って殺し合うようになり、秤も正義を示さなくなってしまいました。ついにはアストライアも愛想をつかして天秤を持って天に帰ってしまいました。それが乙女座です。
アストライアは、「星乙女」です。

そして、正義の女神アストライアが地上の善悪を量るために天から持参した秤。この秤が天秤座になりました。

続いては、天秤座の守護星でもございます、「金星の象徴石」について、お話ししますネ♪

〔金星の象徴石〕 について

金星= ・愛欲、快楽的、恋人
      ・洗練された品位
      ・調和と美の象徴

金星神に捧げる色(緑、青)を中心とに、愛と芸術を象徴する鉱物が選ばれました。主な象徴石は次の通りです。金星は牡牛座と天秤座を支配することから、その多くは牡牛座・天秤座の星座石に組み込まれています。(〔★〕は代表的なもの。それぞれ牡牛座の星座石、天秤座の星座石を参照してくださいネ♪)

■アズライト(藍銅鉱)
アズライトとのアズは青色の意味です。アズールブルー(コバルトブルー)色の銅鉱物で、マラカイトと一緒に産出されることが多くあります。古代人はこの石を砕いて顔料や治療薬として用いていました。マラカイトと同様、銅鉱物であることから(中世の錬金術師たちは銅を金星に結び付けていました)、アズライトも金星に捧げる代表的な星座石の一つとされています。

■ラピスラズリ(瑠璃)〔★〕
ラピスラズリは東洋の七宝の一つに選ばれています。世界に多くの国で聖なる石として大切にされ、聖なる石は聖なる色として、教会の壁画(システィーナ礼拝堂の天上画)などに絵の具として珍重されてきました。十三世紀頃まではラピスラズリはサファイアと呼ばれ、そのサファイアは青い石の総称でした。当時、サファイアは眼病に効くとされたことから、現在もラピスラズリは目にいい宝石とされています。ラピスはラテン語の「石」を意味し、ラズリはペルシャ語の「青」です。日本では「瑠璃色」、「群青色」でお馴染みです。ラピスラズリは四種類の鉱物で集合してできた石で、黄金色の小さい斑点は、黄鉄鉱が内包物として取り込まれているためです。
〔イギリス。アメリカ=誕生石]・・・・・・宝石ことば「健康、愛和」

■ソーダライト
ラピスラズリと構成する主要な鉱物のためしばしば間違えられますが、違いはラピスラズリの不透明に対し、一般に半透明であることと、ラピスに見られるパイライトといわれる黄金色の点在がないことがあげられます。

■トルコ石
最古の歴史を持つ宝石の一つです。鉄と銅の含有量によって緑が変化しています。古代エジプト、アステカ、マヤなどで魔よけとして使用されていました。旅人を守る石が、人生の旅を守るにつながり、「成功」の宝石ことばが冠されています。また錬金術では含有の鉄は火星、銅は金星と結び付けているためトルコ石には「命中」という意味もあり、武器(鉄を含むことから火星が力を貸すので)が命中、恋の矢が命中ということから愛の女神金星に捧げられました。
〔日本、イギリス、アメリカ、フランス=十二月の誕生石〕・・・・・・宝石ことば「成功、命中」

■ブルー・カルセドニー(青玉髄)
瑪瑙(めのう)の中でも色の比較的単一なものをカルセドニー(玉髄)といいます。カルセドニーの語源はギリシャのカルセドンから産出することからその名がつきました。冷静にして華麗な雰囲気が金星に結び付きました。

■アマゾナイト(天河石)
ムーンストーンと同じマイクロクリン(微斜長石)に属する不透明に近い青緑色のものをアマゾナイト(アマゾン川にちなむ)と呼称します。青、青緑などがありますが、緑のものは、翡翠によく似ているためにアマゾン・ジェードのフォルスネームで呼ばれることがあります。またアメリカのコロラド州で産出されるアマゾナイトは、その緑色が翡翠に似ていることから「コロラド翡翠」と呼ばれています。

■クリソコラ(珪孔雀石)
クリソコラは銅を含む青。青緑、緑の混じる石です。錬金術では銅は金星と結び付けられていたので、クリソコラも金星と結び付きのある緑石の一つに選ばれています。日本名はマラカイトに似ていてケイ素を含んでいるので「珪孔雀石」と名付けられました。

皆様、これで、「天秤座の星座石」と〔金星の象徴石〕 のお話は以上です。

ご興味がございましたら、ご覧くださいませ。参考までです。

|

« 〔蠍座の星座石〕Scorpius について | トップページ | 〔乙女座の星座石〕Virgo について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/235385/51506256

この記事へのトラックバック一覧です: 〔天秤座の星座石〕Libra について:

« 〔蠍座の星座石〕Scorpius について | トップページ | 〔乙女座の星座石〕Virgo について »